ここだけは注意しておこう!メール配信システムのデメリット

様々なデメリットがあるメール配信システム。

メール配信システムにはいくつかのデメリットがあり、その最たる例とも言えるのが迷惑メール扱いを受けてしまうことが挙げられます。この原因としてはフィッシング詐欺などのトラブルを未然に防ぐために、受信者側のメーラーが未確認の送信者からのメールを迷惑メールとして弾くように設定しているためです。対策としては非常に簡単であり、メールを受け取りたい相手のアドレスを受信できるように設定し直すことで、それ以後は通常のメールとして受信できるようになります。 他のデメリットとしては、画像および動画などの各種添付データが再生できないときがあることです。これはそもそも添付データが大きすぎてメーラーの処理能力を超えてしまって再生できないこともあれば、ウイルス対策などの設定によって表示しないようにしていることが原因となります。

配信サイトに多く登録していると、大量のメールが届いてきます。

一つか二つのサイトに登録しているだけであればそこまででもありませんが、もしたくさんのサイトでメルマガ登録をしている場合、たった一日で大量のメールが配信されてしまいます。送信者側としてはメールを通して様々なサービスや商品の宣伝をしたいわけなので仕方がないのですが、それらを受け取る個人としてはとても全てを読み切るほどの時間や余裕がないということも少なくありません。 そして大事なメールを埋もれさせないために不要なメールを削除していくわけですが、その作業だけでも結構な時間が掛かってしまいます。この対策としては、定期的に登録しているメール配信サイトを確認して、それが本当に自分にとって必要なものなのかどうか検討してみることです。必要ないサイトを退会すれば、その分、配信メールを抑えることができます。

© Copyright Latest Features Of Mail Delivery. All Rights Reserved.